「リチャード・ジュエル」レビュー・解説・感想 80点 テーマはSNS社会とフェイクニュース、メッセージは「現実を生きろ」 イーストウッドによる渾身の秀作

80点:高品質で満足度は高いが、いかんせん地味なので、ポップなライト映画ファンは楽しめないかも  「書を捨てよ町へ出よう」とは、寺山修司による一連の作品群である。内容自体は結構に過激なアングラ作品であるが、現在は往々にし … 続きを読む 「リチャード・ジュエル」レビュー・解説・感想 80点 テーマはSNS社会とフェイクニュース、メッセージは「現実を生きろ」 イーストウッドによる渾身の秀作